オリックスの山本が6回3安打1失点で8勝目を挙げ、最優秀防御率のタイトルを確定させた。打線は一回に安達の適時打と小田の3点二塁打で4点を先制。ソフトバンクは高橋礼が立ち上がりで制球を乱し、攻撃もつながりを欠いた。