【上海共同】男子ゴルフのアジア・パシフィック・アマチュア選手権は29日、上海のシャ山国際GC(パー72)で最終ラウンドが行われ、連覇が懸かった金谷拓実(東北福祉大)は5位から69の通算10アンダーの278で林ギョクキン(中国)と並び、プレーオフで敗れ2位だった。林ギョクキンは2度目の優勝で来年のマスターズ・トーナメントと全英オープン選手権の出場資格を得た。

 前日首位タイの米沢蓮(東北福祉大)は72で通算8アンダーの5位、桂川有人(日大)は73で7アンダーの8位だった。中島啓太(日体大)は1アンダーの18位。