セ・リーグは29日、阪神が中日を6―3で下して5連勝を飾り、広島に勝率5割で並んだ。セの規定では同率の場合は勝利数の多い方が上位となるため、70勝で2勝上回っている広島が3位を守った。クライマックスシリーズ(CS)進出の行方は30日のレギュラーシーズン最終戦となる阪神―中日にもつれ込んだ。

 阪神は30日に勝てば3位に浮上して2年ぶり8度目のCS進出が決まる。阪神が敗れるか引き分ければ、広島の3位が確定して4年連続6度目のCS進出となる。

 パ・リーグは29日、オリックス―ソフトバンクの1試合が行われ、レギュラーシーズンの全日程を終えた。