ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第9日は29日、東京・味の素スタジアムなどで1次リーグD組の2試合が行われ、今年の欧州6カ国対抗覇者のウェールズが前回準優勝のオーストラリアに29―25で競り勝って2連勝とし、勝ち点9で首位に立った。1勝1敗のオーストラリアは7点差以内の負けによるボーナス点1を加え、勝ち点6。

 ジョージアは5トライを挙げてウルグアイに33―7で快勝し、今大会初勝利を挙げた。ともに1勝1敗でジョージアは勝ち点5とし、ウルグアイは同4のまま。