【カイロ共同】エジプトでシシ大統領の退陣を求めるデモが続き、政府が警戒を強めている。言論統制や経済低迷への市民の不満が表面化した。20日に行われたデモは小規模で、27日には治安当局の取り締まりで局所的にとどまったが、強権で自由な街頭活動が禁じられるエジプトでは、極めて異例の動きだ。

 発端は、スペイン在住のエジプト人事業家が9月上旬、会員制交流サイト(SNS)に投稿した動画。「シシ氏が豪華な大統領宮殿を建てている」と告発する内容でたちまち拡散し、デモを呼び掛ける声が強まった。