ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、優勝候補の一角アイルランドを19―12で破る大金星を挙げた日本代表が29日、試合から一夜明けて浜松市内で記者会見し、リーチ・マイケル主将(東芝)は「多くの人にインパクトを残せた。勝利はとても良かったが、切り替えてサモア戦に向けてどうやって勝つか準備している」と喜びに浸らず、早くも次戦へ視線を向けた。

 途中出場したリーチは「勝ちたいというメンタリティーと、勝てるという自信が一番の勝因」と振り返った。

 1次リーグは20チームが4組に分かれ、各組2位までが準々決勝に進む。