ヤクルトがサヨナラ勝ちした。0―1の八回に荒木の遊ゴロの間に追い付き、延長十回2死二塁から太田の右翼線適時打で勝負を決めた。十回を抑えた梅野が2勝目。巨人は拙攻で、八回途中1失点の山口に勝利を付けられなかった。