心と体の性が一致しないトランスジェンダーなどの性的少数者への配慮として、三重県教育委員会が県立高の入学願書の性別欄削除を決めたことが28日、分かった。

 県教委は18年度の入学者を対象とした入試で性別欄を選択式から記述式にし無記入も認めていたが、20年度から項目自体をなくす。

 クラス分けや体育のグループ分けなどには、中学が作成する調査書を活用。ただ調査書でも生徒の事情に応じて自由に記入できるよう、選択式だった性別欄を記述式にする。

 各教委によると、公立高願書の性別欄は大阪府と福岡県が19年度からなくし、北海道や神奈川県なども20年度からの削除を決めている。