先の内閣改造で就任した茂木敏充外相が「記録より記憶に残る外交」を打ち出した。異例のハイペース外遊で「記録」を塗り替えた前任の河野太郎防衛相と一線を画す姿勢を示した格好だ。「ポスト安倍」と目される茂木氏と河野氏。外務省内には海外出張が大幅に減るとの観測が広がり、河野氏が確保に努めたチャーター機の経費も消化できない見通しだ。

 河野氏は2年余りの外相在任期間中、77カ国・地域(延べ123カ国・地域)を訪問した。外務省に記録がある2002年以降、実数・延べ数で歴代トップだ。今月3日の記者会見では「外相が足を運ぶのが大事だ」と意義を訴えた。