東京・新宿のカラオケ店でヘロインを所持したとして、警視庁新宿署は28日、麻薬取締法違反(所持)の疑いで、いずれもアイルランド国籍で住所、職業不詳のダラー・バーン(31)、ショーン・マスターソン(28)の両容疑者を逮捕した。2人はラグビー・ワールドカップ(W杯)を観戦するため、約1週間前に来日したという。

 逮捕容疑は共謀して26日午後10時半ごろから11時半ごろ、東京都新宿区新宿3丁目のカラオケ店で、粉末状のヘロイン若干量を所持した疑い。ともに「記憶がない」などと否認している。