天皇、皇后両陛下は28日午前、国体の総合開会式に出席するため、東京駅発の特別列車で茨城県に入られた。車体に菊の紋が入った「お召し列車」の乗車は即位後初めて。両陛下は列車の窓からホームの人々に手を振り、勝田駅に到着した際も出迎えた市民らに笑顔で応じていた。

 国体開会式への出席は、上皇さまから引き継いだ重要な地方公務の一つ。同日午後に笠松運動公園陸上競技場(ひたちなか市など)で総合開会式に出席し、天皇陛下が「お言葉」を述べる。

 29日午前に日立市で国体の卓球競技を観戦。午後に同市内でウミウ捕獲場や森林総合研究所林木育種センターを視察し、特別列車で帰京する。