米大リーグ機構は27日、今年のレプリカユニホームの売り上げを発表し、ヤンキースのジャッジが3年連続で1位に輝いた。2位がフィリーズのハーパー、3位がドジャースのベリンジャー、4位がカブスのバエス、5位がブルワーズのイエリチだった。

 日本選手は昨年8位だったエンゼルスの大谷をはじめ、今年は20位までに入らなかった。(共同)