岐阜市立中3年の男子生徒(14)が7月、いじめを受けたことを示唆するメモを残して自殺したとみられる問題で、いじめの実態などを調べる市の第三者委員会は27日、いじめを見聞きした同級生らから聞き取りした結果、男子生徒へのいじめと疑われる行為が約30件あったと明らかにした。今後、事実かどうかやいじめに当たるのかなどを精査する。

 第三者委は同日、5回目の会合を開き、委員と弁護士2人一組で同級生らに行った聞き取りの結果を全委員と共有した。第三者委によると、生徒はトイレで土下座させられたり、現金を要求されたりしていたという。