日立製作所は27日、中国・広州市のビルに納入したエレベーターが、世界最速としてギネス世界記録に認定されたと発表した。分速は最高1260メートル(時速75・6キロ)。日本メーカーが相次いで記録を塗り替えており、世界最速の座を巡る競争は激しくなりそうだ。

 高さ530メートル、地上111階の超高層ビル「広州周大福金融中心」にあり、1階からホテルのロビーの95階まで、440メートルを約42秒で結ぶ。今月10日に営業運転を始めた。日立は2012年、このビルのエレベーターとエスカレーターを受注していた。