千葉県の森田健作知事は27日、台風15号に対応する県の災害対策本部を上陸当日の9日に設置しなかったことについて、「対応遅れにつながったとは考えていない」と述べ、問題はなかったとの認識を示した。県議会の代表質問で答えた。

 県内の多くの市町村は9日に災害対策本部を設置したが、県は10日午前9時で、被災者や県議らから批判の声が上がっている。

 知事によると、県は上陸前日の8日夕ごろから、情報収集など警戒態勢を強化。9日未明からは、台風通過に伴う大規模停電や断水の発生を受け、各部局で応急対策を検討していた。