北海道釧路市で道警の職務質問を受け、巡査部長らに暴行したなどとして公務執行妨害罪などに問われた男性被告(35)の差し戻し審で、釧路地裁(河畑勇裁判長)は27日、職務質問での警察官の制圧行為を「違法なもの」として、無罪判決(求刑懲役2年)を言い渡した。

 被告は2017年8月25日に釧路市で道警の職務質問を受けた際、男性巡査部長らに体当たりや肘打ちをしたことや、同じ日に大麻を含む植物片約28グラムを所持したとして、起訴された。

 河畑裁判長は判決理由で、警察官が逃走しようとする被告にヘッドロックをしたことに触れ「けがまで負わせ、明らかに行き過ぎ」と判断した。