福島第1原発で増え続ける処理水の扱いを検討する27日の政府小委員会で東京電力は、処分方法として国内外で実績がある海洋放出と水蒸気放出をする場合に想定される設備や具体的な手順案を提示した。放射性物質トリチウムなどが含まれているため風評被害抑制を念頭に、物質濃度を確認し、放出までに異常を検知した際は緊急停止するとしている。

 この日の会合で示された手順案に関し委員からは「どれぐらいの時間をかけるのか明確にしてほしい」「福島の漁業が復興していない状況での放出と、ある程度回復してから放出するのは意味が違ってくる。社会の時間軸も考慮すべきだ」などの意見が出た。