Jリーグは27日、来季のJ1とJ2の参加資格となるクラブライセンスの判定結果を発表し、J2の町田、鹿児島、琉球に新たにJ1ライセンスが交付された。3クラブの本拠地は現時点ではJ1基準を満たしていないが、改修計画や新スタジアム構想があるため例外規定が適用された。

 J2で4位の水戸は昨季に続いて解除条件付きのJ1ライセンスで、昇格の順位要件を満たした場合にのみ、茨城県笠松運動公園陸上競技場をJ1基準に合わせて改修する。順位要件を満たさなかった場合はJ2ライセンスとなる。

 申請した全48クラブが資格を取得し、内訳はJ1が水戸を含めて44クラブ、J2が4クラブ。