大阪(伊丹)空港の全日空の保安検査場係員が刃物を見逃した問題に関し、赤羽一嘉国土交通相は27日の閣議後記者会見で「あってはならないミスで遺憾。欠航や遅延で乗客に迷惑を掛けおわびしたい」と述べた。

 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、国内空港では利用客が増加が見込まれていることを踏まえ「再度発生しないよう万全の対応を取りたい」とした。

 大阪空港のトラブルは26日朝に発生。警備会社の係員が、手荷物から折り畳みナイフを見つけたのに、客から「大丈夫」と言われてそのまま通過させた。