農林水産省は27日、豚コレラ対策で豚へのワクチンを接種する「推奨地域」に、飼育豚や野生イノシシで感染が確認されている埼玉、富山、石川、福井、長野、岐阜、愛知、三重、滋賀の9県を選定する方針を明らかにした。27日の有識者会議で接種の前提となる防疫指針の改定案を取りまとめ、国民からの意見聴取など一連の手続きを経た上で、対象地域の県知事が接種を最終判断する。

 農水省は27日、指針の改定案を自民党の農林関係会合に提示した。ワクチン使用に伴う流通制限は生きた豚などに限り、精肉や加工品は域外への流通を事実上容認する。