佐賀県神埼市で昨年2月、陸上自衛隊AH64D戦闘ヘリコプターの主回転翼を固定する金属製ボルトが破断し、機体が住宅に墜落した事故で、防衛省は27日、調査結果を同県に伝えた。さび止め剤の劣化が破断につながったとする見方とともに、ヘリに搭載する前からボルトに亀裂が入っていた可能性があるとの内容を併記した。

 山本朋広防衛副大臣は27日、県庁を訪れ、山口祥義知事に謝罪した。

 陸自は昨年5月、エンジン出力を主回転翼に伝える部品のボルトが破断し、羽根が外れて墜落したとする中間報告を公表していた。通常はボルトとピンが一体となって回転する仕組みだった。