27日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比09銭円安ドル高の1ドル=107円77~78銭。ユーロは22銭円高ユーロ安の1ユーロ=117円63~64銭。

 米国と中国の貿易協議が進展するとの期待感が高まり、相対的に安全とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。市場からは「中国が米国からの輸入を拡大するとの報道もあり、米中関係が改善するとの見方から円安傾向だ」(外為ブローカー)との声があった。