【パタヤ(タイ)共同】重量挙げの世界選手権第9日は26日、タイのパタヤで行われ、男子109キロ級の持田龍之輔(ALSOK)はスナッチ174キロ、ジャーク219キロのトータル393キロで10位だった。白石宏明(自衛隊)はスナッチ165キロ、ジャークは日本新記録の220キロ、トータル385キロの15位。

 女子87キロ級の嶋本麻美(金沢学院大職)はスナッチ100キロ、ジャーク122キロのトータル222キロで9位だった。