【ワシントン共同】米下院情報特別委員会は26日、トランプ大統領が来年の大統領選を有利に戦うためウクライナのゼレンスキー大統領に圧力をかけたとされる疑惑に関し、トランプ氏が職権を乱用し、大統領選に外国を介入させようとしていると批判する米情報機関関係者からの内部告発の内容を公表した。

 告発では、トランプ氏が大統領選の民主党有力候補のバイデン前副大統領とその息子の疑惑捜査に協力するよう、ゼレンスキー氏に求めた7月下旬の電話会談の記録について、ホワイトハウス高官が隠蔽しようとしたと指摘した。