【ロンドン共同】ロイター通信は26日、英自動車大手ジャガー・ランドローバー(JLR)が11月に英国内の工場の操業を1週間停止すると報じた。10月末に予定される英国の欧州連合(EU)からの離脱が無秩序となり、部品調達などに支障が出た場合に備えるためという。EU離脱を巡る混乱は依然として続いており、企業が負担を強いられる状況が続く。

 JLRのスペッツ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。ロイターによれば、JLRは英国内に3カ所の完成車工場などを持っている。このほか、トヨタ自動車も11月初めに英中部にある工場の生産を休止する方針を明らかにしている。