女優のんさん(能年玲奈から改名)にパワハラをしたとの記事を週刊文春に掲載され、名誉を傷つけられたとして、芸能事務所「レプロエンタテインメント」(東京)側が、当時の編集長と発行元の「文芸春秋」に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は26日、計660万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、計440万円に減額した。記事の一部は真実だったと認めた。

 判決によると、週刊文春は2015年のゴールデンウイーク特大号で、事務所の社長が「負け犬」と暴言を吐いたほか、のんさんが月給5万円で下着も買えなかったとの記事を掲載した。