米軍岩国基地(山口県岩国市)への空母艦載機移転計画に伴い、国が整備した同市内の運動施設の共同使用に向けて市と米軍が結んだ協定書を非開示にしたのは違法として、井原勝介前市長が市に情報開示を求め、山口地裁に提訴したことが26日、分かった。提訴は10日付。

 訴状や市によると、運動施設は中国四国防衛局が同市愛宕山地区に整備。2017年10月に野球場エリアについて米軍との協定書が交わされ、11月に米軍と市による共同使用が始まった。

 井原氏は18年1月12日、市の情報公開条例に基づき、施設の共同使用を取り決めた協定書の開示を求めたが、市は同25日、非開示決定をした。