愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金を交付しないと文化庁が決めたことに名古屋市の河村たかし市長は26日、「至極まっとうな判断だ」と述べた。市役所で記者団の取材に答えた。

 市は芸術祭の費用として約2億1千万円を負担。うち約3400万円は閉幕後に支払うことになっている。河村氏は「国と共同歩調を取りたい」と話し、支払わない可能性を示唆した。

 芸術祭の実行委員会は大村秀章・愛知県知事が会長、河村市長が会長代行を務める。河村市長は開幕直後に従軍慰安婦を象徴した像などを批判し公開中止を求めた。