ラグビー・ワールドカップ(W杯)を大型ビジョンで観戦できる「ファンゾーン」が26日、神戸港のメリケンパークにオープンした。会場には神戸製鋼で活躍した元日本代表監督の故平尾誠二さんの功績をたたえ、写真パネルなどを展示したコーナーが設けられた。

 妻恵子さんや大阪府東大阪市などが所有する現役時代のユニホームに加え、神戸製鋼の試合でボールを持って走る写真など名シーンを並べた。平尾さんのプレーや経歴を紹介する映像も流し「ミスターラグビー」の軌跡をたどることができる。

 ファンゾーンは9月26日~10月8日のうち8日間限定で開場する。入場無料。