通販サイト「アマゾン」で、本来登録していない別の利用者の情報が画面に表示されたとの報告が26日、ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)に相次いで投稿された。アマゾンジャパン(東京)が詳細を調査している。

 ツイッター上の複数の投稿によると、アマゾンのサイトやアプリにログインすると、他人の登録情報が画面上に表示される事例が発生しているとみられる。自身の情報が閲覧できず、見覚えのない人の名前や住所、購入履歴などが見える状態という。

 アマゾンジャパンは「本件については認識しており、現在調査を進めている」とのコメントを出した。