広島市は26日、市議会総務委員会で原爆の日の平和記念式典中のデモを条例で規制すべきかどうかなどを、今年の式典参加者に尋ねたアンケート結果を報告した。回答した1098人のうち、33%が「条例制定など音量を規制するための措置を講ずるべきだ」とし、43%は「今後も関係者への要請や話し合いを続けるべきだ」と答えた。

 市は8月6日、同市の平和記念公園で営まれた式典に参加した被爆者や遺族、一般客ら約4千人にアンケートを配布。式典中にデモ団体による拡声器の音が聞こえたかや、音への対応をどうすべきかなどを尋ねていた。