【北京共同】中国外務省の耿爽副報道局長は25日、米議会の上下両院の外交委員会が「香港人権・民主主義法案」を可決したことを受け「強烈な憤慨と断固たる反対」を表明し、審議の即時停止を求める談話を出した。「米側が中国側の利益を損なえば反撃する」として、報復を示唆した。

 談話は、法案が香港で続く抗議活動に参加する「暴力分子」に加勢するもので、「中国の内政への乱暴な干渉だ」と非難。米国の一部勢力が中国の発展を抑え込むために香港問題を利用していると主張し、香港から手を引くよう米側に促した。