【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易協議進展への期待感から反発し、前日比162・94ドル高の2万6970・71ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は83・75ポイント高の8077・38。

 トランプ米大統領が25日、中国との貿易協議に関し、想定よりも早く合意に至る可能性に言及。市場の先行き警戒感が幾分和らいだ。

 ペロシ下院議長が前日、下院でのトランプ氏の弾劾訴追に向けた審議開始を表明。だが、トランプ氏が25日にウクライナ大統領との電話会談記録を公開し、弾劾の可能性は低いとの観測も相場を支えた。