プロ野球巨人は25日、公式契約を結ぶドーム社の提供を受けたサプリメントから禁止物質が検出されたと発表した。複数の選手が摂取したが、極めて微量のためドーピング検査で陽性反応が出る可能性は低いとしている。

 ドーム社によると、反ドーピングの国際認証を得るために、6月に発売した鉄分補給用のサプリメント「アイアンSP」の分析を英国の機関に依頼し、筋肉増強作用のある物質が3種類見つかった。本来は製品に含まれない物質で、製造を委託している工場が以前につくっていた製品の成分が混入した可能性があるという。既に2千個が市場に流通したが、同社が回収を進めている。