江藤拓農相は25日、福島県いわき市で記者団に対し、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出を巡る政府の取るべき態度に関し「非常に慎重でなければならない」と述べた。

 江藤氏は同日、就任後初めて福島県を訪問し、原発事故に伴う旧避難区域などを視察。面会した県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は「海洋放出には反対の立場を崩せない」と訴えた。

 江藤氏は「経済産業省が所管だが、農相の私も全く関与していない人間ではない」とした上で「菅原一秀経産相ともしっかり話し、理解を得ながら進めたい」と応じた。