検査機器大手のシスメックス(神戸市)と京都大の本庶佑特別教授は25日、血液中に存在するタンパク質「PD1」の量を自動で測定できる技術を開発したと発表した。PD1はがん治療に関係する免疫のブレーキ役とされ、将来、測定値と体の免疫状態との関連を調べ、がん免疫治療の効果予測や効率化につなげる考え。

 本庶氏のチームは、免疫細胞の表面にあるPD1を発見、がん免疫治療薬の実用化につなげ、同氏はノーベル医学生理学賞を受賞した。

 今回、シスメックスと本庶氏らは、体内の細胞から血中に溶け出した微量のPD1やPDL1を高い感度で検出できる手法を開発した。