かんぽ生命保険と日本郵便が、かんぽ生命の支店と郵便局で自粛している保険販売について、10月から予定していた再開を延期する方針を決めたことが25日、分かった。不正販売問題の実態把握や十分な対策が進まないままでは顧客や現場社員に不信感を与えると判断し、方針を一転させた。

 総務省や金融庁からは、再発防止策が徹底されるまでは時期尚早との声も上がっており、再開は来年1月以降になる可能性もある。今月11日には金融庁がかんぽ生命と日本郵便に立ち入り検査を開始していた。

 販売再開延期は、かんぽ生命と日本郵便が25日に開いた取締役会で決定した。