ボクシングの青木ジム(有吉将之会長)は25日、所属選手への不当な金銭要求とみられる問題行為があったとして、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会を来年1月1日から休会すると発表した。ジムの活動休止にあたり、前世界ボクシング機構(WBO)フライ級王者の木村翔ら所属選手は国内で試合を行えなくなるため、年内に移籍先を決める。

 青木ジムは事実関係について「一定の理由付けができるものの、パワーハラスメントと捉えられても仕方のない状況を作り出したことは否定できません」としている。

 有吉会長は東日本協会、日本プロボクシング協会の理事を25日付で退任するとした。