TBSの佐々木卓社長は25日の記者会見で、二つのバラエティー番組で発覚したやらせや過剰演出について「視聴者との約束を逸脱したアンフェアな部分があった。深くおわび申し上げたい」と謝罪した。

 同社の番組「クレイジージャーニー」で、スタッフが珍しい生物を事前に準備しながら、あたかもその場で発見したかのように撮影していた。また番組「消えた天才」では、投球やドリブルなどが実際より速く見えるよう映像を加工していた。

 いずれの番組も詳細を調査中で、放送を休止している。