シャープは25日、スマートフォン「アクオス」シリーズの最新機種を発表した。今冬に投入する最高級モデル「ゼロ2」は、スマホでゲームを楽しむ人の需要をつかもうとパネルの性能を大幅に強化する。10月に端末の割引額が制限される新制度が導入されるのに合わせ、米アップルのiPhone(アイフォーン)など他社製品との違いを打ち出した。

 ゼロ2には現行品より大きい6・4インチの自社製有機ELパネルを採用した。1秒間に60コマだった表示の切り替え回数を倍増。さらに、その間に表示を鮮明にする効果がある黒い画面を挿入することで、素早い動きをより滑らかに映し出せるようにした。