大阪府内で覚醒剤を使ったとして覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた50代の男性被告の判決で、大阪地裁(渡部市郎裁判長)は25日、押収証拠を巡り「近畿厚生局麻薬取締部の違法捜査の疑いが残る」と指摘し、無罪を言い渡した。

 公判で弁護側は、麻薬取締部が内偵捜査で男性がごみ置き場に捨てた覚醒剤入りの袋を取得。その後の家宅捜索でこの袋を室内に置き、押収証拠とする違法捜査があったと主張した。

 地裁も「違法性は重大だ」と認め、裏付けの核となる陽性反応の尿鑑定結果を証拠から排除した。

 近畿厚生局麻薬取締部は、取材には応じられないとしている。