鹿児島市吉野町の山中で8月、一部が白骨化した女性の遺体が見つかった事件で、鹿児島中央署は25日、身元が2006年4月から行方が分からなくなっていた野添希望さん=不明当時(17)、鹿児島県志布志市在住=と判明したと発表した。

 県警によると、不明当時、県内の高校に通う3年生だった。司法解剖の結果、発見時点で死後1年は経過していないとみられ、死体遺棄事件として捜査している。

 野添さんは06年4月6日、同居の家族から家出人捜索願が志布志署に出され、その後、家族には「元気でいる」という趣旨のメールが複数回、届いていたという。