2年連続でリーグ優勝を逃したソフトバンクの工藤監督は25日、本拠地での投手練習に出向いた。落胆の表情は隠しきれなかったが、努めて前を向き「まずわれわれ(首脳陣)が切り替えないと」と、3年連続の日本一を狙うポストシーズンを見据えた。

 敗れた24日の楽天戦後には、全体ミーティングで「この悔しさをばねに成長していこう」と声を掛けたという。リーグ2位から日本シリーズ制覇を果たした昨季の再現へ向けて「改めてスタートしていく」と言葉に力を込めた。