九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の周辺住民らが九電に運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審で、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は25日、住民側訴えを退ける決定をした。差し止めを認めなかった佐賀地裁決定を不服として、約70人が即時抗告していた。

 住民側は、阿蘇山(熊本県)の破局的噴火の発生頻度は低いとは言えず、その予測手法も確立していないと指摘。テロ対策にも不備があると訴えた。九電側は、破局的噴火の可能性は低いなどと主張した。

 昨年3月の地裁決定は、噴火で重大な被害が生じる具体的な危険は認められないと判断、仮処分申し立てを却下した。