南海トラフ巨大地震で大きな被害が予想される和歌山県白浜町で25日、地震が発生した想定で、衛星利用測位システム(GPS)機器付きのライフジャケットを地元の保育園児が着用し、位置情報を救助に活用する実証実験が実施された。

 実験では同町の堅田保育園で、地元消防と同県田辺市のNPO情報セキュリティ研究所が協力。地震発生の放送後、園児がライフジャケットを着て園庭に避難し、研究所の職員がタブレット端末で位置情報を確認した。同研究所の臼井義美代表理事は「被災者がどこにいるか分かり、救助に有効だ。最適な活用方法を議論したい」と話した。