【ニューヨーク共同】共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーは24日、共同創業者アダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)のCEO職辞任を発表した。会長は続ける。後任にアーティー・ミンソン最高財務責任者ら2人が共同CEOに就いた。

 ウィーは9月に上場するとみられていたが、投資家から企業統治や事業の収益性に疑念を持たれ、上場を延期した。米メディアは、大株主ソフトバンクグループなどが、ニューマン氏の辞任を求めていると伝えていた。

 ウィーは2010年に創業。起業家らが共同で使えるオフィスを貸し出す事業形態で成長。東京や名古屋、福岡などにもある。