三菱重工業は25日午前1時5分、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ宇宙航空研究開発機構(JAXA)の無人補給機「こうのとり」8号機を載せたH2Bロケットを、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。こうのとりは約15分後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 こうのとりは飛行を続け、28日にステーションに到着する。

 昨年11月に新たな「宇宙活動法」が施行され、執行責任がJAXAから三菱重工へと移管されてから初の打ち上げだったが、発射台で初めて火災を発生させたり、ロシアのソユーズ宇宙船と衝突する恐れが判明したりして日程を2回延期、運営に課題を残した。