【ニューヨーク共同】トランプ米大統領は24日、ニューヨークの国連本部で一般討論演説し「イランに決して核兵器を造らせない」と述べた。サウジアラビアの石油施設攻撃を念頭にイランの暴力的な動きを止めるため「全ての国に行動する義務がある」と呼び掛け、各国に対応を求めた。北朝鮮にも非核化措置をあらためて要求した。

 イランが地域を不安定化する動きを続ける限りは「制裁を解除するつもりはない」と言明。一般討論開催中にイランのロウハニ大統領と会談する予定はないとしながら「排除しない」と含みを残している。