【ベルリン共同】ドイツ検察当局は24日、車体の十分な検査を怠り、排ガス規制に違反したディーゼル車を出荷したとして、同国自動車大手ダイムラーに罰金8億7000万ユーロ(約1030億円)を科したと発表した。ダイムラーは罰金を支払う意向を示した。

 検察は問題行為が2008年以降、発生していたと指摘した。

 検察当局は今年5月にも、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェに対し、排ガス規制違反のディーゼルエンジンを採用したが十分な検査などを怠ったとして、罰金5億3500万ユーロを科したと発表した。