台風15号の影響による千葉県の停電について、東京電力は24日、大規模な倒木や土砂崩れが起きて作業に時間を要する約190戸を除いて復旧したと発表した。25日以降も作業を継続するが、工事の難航で「27日まで」としていた全面復旧見込みはずれ込む可能性があるとしている。

 東電によると、難航しているのは、房総半島南部の富津市や君津市など9市町。また、復旧したとされる地域でも、家庭への引き込み線や電気設備の不具合で、電気がつかないケースが発生している。23日朝時点で約3800件の問い合わせがあり、東電が対応を急いでいる。